<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

泳ぐ仮面ライダー

僕はあまり争いごとを好む方じゃないです。

しかも、最低限の常識は持ってるつもりだから自分の力じゃ変えられない決定事項はたいてい受け入れます。

川本真琴の活動停止も受け入れます。

Coccoの復活も許します。

本人がそう言ってるんだから。

でも、

あだち充の『ラフ-ROUGH-』の映画版で、大和圭介役を速水もこみちがやるのはおかしい。

絶対おかしい。

頭おかしい。

186cmの大和?

仮面ライダーの大和?


絶対観ない!


イメージ崩れる。

俺の『ラフ』を返せ。

俺の長澤まさみを返せ。

ひがんでないよ。

キレてませんよ。

いやいや、キレてませんよ。

俺キレさせたらたいしたもんですよ。

どーせマイナー漫画ですよ・・・。

たしかにテスト勉強やる気なすおですよ。
[PR]
by nanzashi0607 | 2006-01-28 19:20

雪!

e0035163_0591281.jpg









降りましたね、雪。

こんなに降ったのはいつぶりだろ。
ここまで降ると気持ちいい。
でも朝まで渋谷でバイトしてたから無事に家まで帰れるか不安だった。
常磐線すぐ止まるんだ・・・。
10時になるとバイト席にあった傘を失敬して駅までダッシュ。
幸い常磐線は動いてたけど、せっかく特別快速に乗ったのに雪のせいで通常の快速運行だった。
ギリギリ想定の範囲内。
都内もけっこう降ってたけどやっぱ茨城はもっと降ってた。(時間違うけど)
車内で寝てて、起きたら窓の外は真っ白!

“犬は喜び庭かけまわる”
うちの愛犬Coo(元祖クーちゃん)はいつもは雪が降っても庭かけまわらない。
むしろ雪が降ると小屋の奥で丸くなってる。
でも今年は庭かけまわった。
俺が眠たい目をこすりながら家の前の雪かきをしてたら突然走ってきた。

首輪が外れてた・・・。

あわてて庭に追い戻しシャッターをしめたから外には逃げなかったけど、興奮して庭をグルグルグルグル。
しばらくしたら飽きたのか、キャラ違いに気付いたのか、トコトコと小屋に戻ってった。
明日雪だるまを作ろうと思って足を踏み入れずにいた庭の雪が台無し。
まぁその後も降り続いたからよかったけど。

さっき庭に置いてあるプラスチックのイスに積もった雪の深さを測ったら何と18cm。
まじスゲー。

e0035163_0554212.jpg









e0035163_1174426.jpg
[PR]
by nanzashi0607 | 2006-01-22 01:04

東京タワー(今度は登ってません)

今週は健康で文化的な最低限の生活をしようと思い、映画に引き続き珍しく本を読んだ。
e0035163_16121938.jpg









リリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
ベタですみません。

去年、大学の図書館にリクエストして借りてた本。
リクエストカードに書いたら次の日図書館の掲示板に「ご注文の本はエッセイなのでお取り寄せできません」って貼ってあった。
やっぱりね、って思ってその後忘れてたら数週間後にいきなり「ご注文の本を入荷したので取りに来てください」ってメールが図書館から来た。
これでいいのか図書館・・・。

まぁとにかく本を手に入れたわけだけど冬休みは忙しくて読めなかった。
で、返却催促のメールをシカトしつつ今週やっと読めた。

・ ・ ・ 。

言葉になりましぇん。
ただただ淡々と書いてあるんだけど、まるで自分がリリー・フランキーと子供の頃から一緒にいたかのように彼のこれまでの生活とかオカンへの思いが頭の中に鮮明に映った。

すげーよオカン。
なにげにオトンもすげーよ。(別の意味で)

程度の差こそあれ、誰もがどこかでマザコン的要素は持ってると思う。
そのことに気付かせてくれる本。
笑えて泣けてやさしくなれる。
道徳の教科書よりやさしくなれる。

『希望的観測の「いつか」はいつまでたっても来ないけど、心の中で恐れる「いつか」は突然やってくる。』
恐くて忘れがちなことだけど、このことは覚えておいた方がいいと思う。

世に溢れる「感動モノ」にえらく抵抗感を持ってる俺だけどこの本は無条件におススメしたい。
[PR]
by nanzashi0607 | 2006-01-18 16:56

男たちの大和/YAMATO

告知通り自由を手にした日曜の夜、映画を見てきた。
e0035163_1548231.jpg
『男たちの大和/YAMATO』

バイトまで時間あったけどぷらぷらしてるのが勿体なかったから男のロマンに時間を投資してみた。
そんなに映画観るほうじゃないから映画館で映画を観るのは10ヶ月ぶりだし、一人で観に行ったのは『下妻物語』以来1年半ぶり2回目。
熱い映画だった。
反町隆史と中村獅童はそんな好きじゃなかったけどこの映画ではメチャクチャかっこよかった。
男の熱い友情も戦闘機と魚雷の前には無力だ、とか思わないようにした。
最初は鈴木京香とかを使って現代と交差させる必要あるのかなって思ったけど、見終わると60年後の現代を組み込んだ意味も分かったし、いろいろ考えさせられたし、感動した。
戦闘シーンもスゲー迫力あった。晴れやかな気分で観に行った俺にはハードすぎて若干気持ち悪くなったけど、戦闘時の混乱とか狂気とかが上手く出てたと思う。

いままで、大和の乗組員たちは沖縄に行くとき「俺たち最強」って感じで乗り込んでって、国民も「大和があれば大丈夫」って考えてたのかと思ってたけど、この映画では乗組員たちは常に悩んでたし、家族もそれは同じだった。国は守りたいけど勝てないだろって葛藤をみんな抱えてた。実際そうだと思う。戦時下とは言ってもうちらと同じ人間だし。青春これからって10代も多いし。最初は自信持ってても戦況が悪化してくるにつれ自分たちの限界が分かってくる。でも命令されたら行くしかない。その不安をカミングアウトした乗組員と勝利を信じる乗組員が何度も殴りあってた。

長嶋一茂がおいしい役だった。
沖縄へ行く直前、例によって乗組員が乱闘してると、
「進歩のない者は勝てない。日本は進歩ということを軽んじ過ぎた。負けて目覚めるしかない。それ以外にどうして日本は救われるか。今日目覚めずしていつ救われるか。俺達はその先導になるんだ。新しい日本のために散る。本望じゃないか。」みたいな発言をした。
途中からいきなり出てきた一茂が言うのは癪にさわるけど、全くその通り。
勝って日本を救うんじゃなくて、負けて日本を救う。
この発言でちょっと救われた。
そう考えると大和は無駄じゃなかった。

でも無駄じゃないにしろ、考えれば考えるほど大和出撃は無謀だった。
相手の戦艦と戦うことしか考えないで作ったんだろうな。ハエみたいに逃げ回って攻撃してくる戦闘機にゃ勝てないよ。イージス艦でもあるまいし。
しかも沖縄に行くときは護衛の戦闘機が一機も付かず、燃料も片道だけ。
出港の時も「特攻する」って言ってるし。
大和がいよいよやばくなって退去命令出すとき渡哲也が「残念・・・だった」って言ったけど当然すぎる結果だし。
みんな離れ離れになっちゃうしみんな死んじゃう。
戦争の虚しさと平和のありがたさを実感。
[PR]
by nanzashi0607 | 2006-01-18 16:09

来週は充電します

ハードな日々が終わりを告げようとしてます。
マジ1月はこれまでやばかった。

まず年始に風邪をひく。
今年の風邪は腹に来るんだ・・・。
ハライタには慣れてる俺でも死にそうだった。
おせちの美味さも半減。

で、ゼミ論。
『激動の世界製薬業界~日本の医薬品企業は生き残れるのか~』
生後3ヶ月で腸を手術し、お腹が弱い俺にふさわしいテーマにした。
書きに書いたぜ26000字。
年末に3日で終わらせる計画が当然のごとく崩壊し、結局提出前日まで大学のPCルームにこもる。
もっと時間をうまく使わないとなー。
まー、内容は本とか雑誌をまとめた臭いがするけど時事ネタも入れたしある程度の満足感。

で、10日4限にそれを出してホッとするのもつかの間、全く手をつけてなかった経営戦略のレポートが12日正午〆切。指定字数は4~5000字だから余裕かましてたけどこの予測が甘かった。
花王の戦略を分析する内容だけど、好き勝手書いてたゼミ論と違って分析する視点が指定してあって難しかった。
とりあえず書いてみたら1200字で終わった・・・。
先生はイイやつなんだけど授業が昼飯直後の3限、教室の椅子がフカフカという昼寝に絶好の条件が重なっているためこの授業は例外なく途中で意識が途切れてる。てか先生の声もアルファー波が出てるからね。
そこらへんの日頃の健康さ(行いの悪さ)がモロに出た。
とは言え、11日は授業なかったから学部図書室でコピッた雑誌の記事とかを参考にまたPCルームにこもりなんとか字数ギリギリで完成。

2つとも自分で自分の首を絞めてた感が十分あった。

出せて安心したけど思い返すとここ1ヶ月間、就活をホントにまるっきしやってなかった。
もーそれどころでは無い、と。

で木曜から早速やる気を出して今日まで3日連続で企業セミナーやら学内セミナーやらに行った。
レポートの疲れ+木曜が泊まりバイトだったこともありグロッキーになったけど今日の夜サークルの幹部引継ぎ会で焼肉に行ってちょっと回復。
明日の午後のセミナー(選考兼)と夜のバイトを乗り越えれば来週は晴れてフリーですわ。

再来週〆切の課題が2つあるし月末には期末試験が始まるけどとりあえず忘れて羽を伸ばそう。
失敗から学べるかは再来週の俺に任せます。
[PR]
by nanzashi0607 | 2006-01-15 02:40

初日の出&花園

あけましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願いします!
e0035163_12243687.jpg








<2006年元旦 筑波山頂にて>

今年も元旦の夜中に家を飛び出し筑波山に初日の出を拝みに行ってきた。
「わざわざ寒いなか山頂まで行くなんて・・・」って思うかもしれないけど

毎年いっぱいいますから茗渓21回生!!

今年はTX(なんと終電が2時!!)が出来たこともあり、つくば駅で柏組と合流して山へ。
3年連続の元旦登山だったから寒さ対策はしっかりしてたし、雪の中ザクザク歩いた去年の100倍暖かかったけどやっぱり山頂(岩場)に着いてから地味に1時間半待つ間は寒かった。

予想日の出時刻は6時50分頃。天気予報は曇り。
その時刻が迫ってくると空は明るくなってきたが地平線にはブ厚い雲。
7時を過ぎてもそれは変わらず。
5時前から斜面で待ち続けてたというヤマゴーも諦めて山頂のうちらのもとへ。
「太陽見れるのは9時過ぎだよ」
そんな警備員の言葉を信じて帰ろうとしたら日の出が見えた。

見えんじゃねーかよ警備員!
さすがに雲で霞んでたけどそんなの関係なすおです。
今年もいいことありますように。

家に帰っておせちを食って寝て起きたら茗渓が東福岡に勝ってて花園ベスト8進出してた!!マジ熱かった!!去年同じ場面で負けて、夏にも完敗してたみたいだから不安だったけどやってくれた!!
初日の出の成果ですな。



時は流れて今日3日。
桐蔭学園に負けた。先制されたすぐ後にトライを返して逆転したけど大型FWに押されまくって終了。相手が関西勢じゃないからベスト4のチャンスだと思ったけど残念。
でもここまで来た選手はマジよく頑張った。

うちはスカパースポーツチャンネル入ってないしケーブルTVも通ってないからインターネット中継を見てたんだけど、あまりに映像が途切れすぎるから茗渓がトライをした直後に車で近所の電器屋へ。2軒ハシゴしても地上波しかやってなかったから仕方なく家へ帰り、後半途中からまたネット中継を見た。

で、思うわけですよ。
何で地上波でテレビ放送しないのかと。
俺が高校の時までは1回戦から夜中にダイジェストがやってたし、県予選決勝も夕方1時間丸々使ってTBSで放送してた。姉が同じ高校だったこともあり、小学生の時もテレビで県予選見てた。
スポンサーの住友が下りてから縮小してって今年は5日の夜中にダイジェストを少しやる他は7日の決勝だけ。

これじゃー人気出るわけないし、ラグビーやる中高生増えないわ。
協会はワールドカップなんか誘致する前にやることあると思う。誘致の金を地上波放送に使ってほしい。
いいじゃん、大会のスポンサーが日本協会でも。頼むよ森さん。

e0035163_1314407.jpg









とにかく選手はお疲れさま。
[PR]
by nanzashi0607 | 2006-01-03 13:19